核心業務
耐震診断、耐震補強技術

耐震診断から耐震補強までの流れについては、現地調查、耐震診断、耐震補強の3段階に分けられています。

現地調查:設計圖書により部材の配置と使用状況、柱、梁、筋交い等の腐蝕状況を調査、把握します。

耐震診断:場合によって、一次診断、二次診断、三次診断の診断法があります。部材の寸法、取合い部を評価し、現場調查によってデータを収集します。建物の保有水平耐力を算定し、詳細な診断を行います。

耐震補強:診断結果によって補強する項目、数量を算定し、部材又は各部位のコストと補強すべき項目によって、最適な施工法を選定します。

高耐震技術

在来工法については、耐震機能の向上のために、柱・梁、断面の増加しなければなりません。高耐震技術とは、熊谷組が開発し、下記の特徴を持つ技術です。

1.柱・梁の寸法を増加しなくても、耐震機能を確保できます。
2.柱・梁・壁等の地震時の状態は実験により検証されました。
3.日本建築センターの評価により、安全性レベル1が震度階段5、安全性レベル2が震度階段6相当と確認されました。

制震技術

1.構造体は柱構造体と制震部材に明確に分けられています。

(1)躯体を支持するほか、地震による水平変位が生じても、弾性状態を維持し、地震後、原状回復できます。
(2)制震部材は塑性変形(損傷集中)を起こし、強烈な地震による建物の振動エネルギーを吸収します。

2.躯体は大きな地震が発生しても損傷を受けなく、制震部材の交換も容易です。
3.制震部材は建物の振動エネルギーを吸収し、構造体の設計費用を低減させることができます。
免震技術

熊谷組の免震構法は革新的技術です。過去の免震構法は中低層建物に限られていましたが、熊谷組の免震構法は高層建物に適用し、コスト削減効果(部材のコスト)を高めることができます。

耐震補強技術

熊谷組は優れた実績を持っており、開発された新技術により最適な耐震補強サービスを提供します。
建物各部位の補強目的の明確化により、適当な工法を選定することができます。(せん断補強工法、外付けフレーム補強工法、FRPシート補強工法)最適な工法を組み合わせて、最適な企画書を提供して施工を行わせます。

SV中空ボイドスラブ(防音技術)

SV中空ボイドスラブの剛性は同じ質量の在来の床材より高いため、優れた重量床衝撃音低減性能を持っています。また、過去の矩形中空合成スラブの上に生じた共振現象を抑制できて、軽量床衝撃音の遮音性も優れています。

建方エース-ACEUP

ACEUPは、ワイヤロープを使わなくても、鉄骨柱に建ち直しを行える鉄骨建方工法で、品質向上、コスト削減、建方工期の短縮、安全性向上等の利点があります。

プレキャストコンクリート(PCa)工法

PCa部材は現場打ちで構築される構造体の代わりに、現場まで運搬されクレーンなどにより組み立てられます。鉄筋の組立などの作業の減少による省力化、施工の効率化、工期短縮、品質の安定性や施工の安全性の確保など利点があります。

ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)

BIM統合ソリューションについては、適切なパラメータを使用して設計意図を取り込み、情報共有・統合、各種の建物性能解析により、施工・管理上の問題を解決・改善し、建築工事の施工品質管理・工事監理の効率化を図ることができます。また、BIMの建物性能解析により、材料・数量の計算、施工図の作成、進捗管理を行い、施工段階におけるプロジェクト管理を効率化することができます。